Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 上智大

上智大学は、学生の氏名や成績などが保存されたパソコンが、海外で盗難被害に遭っていたことを明らかにした。

被害に遭ったパソコンには、同大学の教員が2000年から2013年の間に担当した3科目の受講者に関する氏名や成績などの情報が保存されていた。対象ファイルにはパスワードを設定しているほか、ハードディスクの暗号化などセキュリティ対策を講じていたという。

同大学では、対象となる受講者に書面を送付し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大