Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックスのセキュリティサービスで不具合 - メールが異なる宛先に

富士ゼロックスは、同社のセキュリティ対策サービス「beatサービス」において、送信したメールが異なる宛先に届く障害が発生していたことを明らかにした。

障害が発生したのは、統合的なセキュリティ対策を提供する「beatサービス」のうち「beat/entry」と「beat/active」の一部。8月27日21時ごろに障害が発生し、9月2日に顧客からの連絡があり問題が判明した。

顧客の環境に設置したセキュリティアプライアンス「beat-box」のソフトウェアモジュールを更新したところ、不具合が存在。同アプライアンスを経由して送信されたメールの一部が、異なる宛先に届いたり、指定した宛先に届かないなどの不具合が262台のアプライアンスで発生した。230社に影響があったという。

不具合の修正を行い、9月4日0時過ぎに復旧した。同社では、対象となる顧客に個別に連絡し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所