Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「My JR-EAST」に不正ログイン - 現在も停止中

JR東日本が会員向けに提供しているIDやパスワードの共有サービス「My JR-EAST」において、利用者以外の第三者による不正ログインが発生した。不正アクセスの影響で、サービスを利用できない状態が続いている。

同社によれば、9月10日3時ごろから翌11日11時ごろにかけて、1152万件に及ぶ大量のアクセスを検知したため、サービスを一時的に停止。調査を行ったところ、2万1000件のアカウントで「なりすまし」による不正ログインが発生したことが判明した。

同社によれば、不正ログインされた一部利用者は、氏名が閲覧された可能性があるものの、それ以外の情報に対するアクセスは確認されていないという。

同社では、サービスの再開を一時アナウンスしたものの、16日正午の時点でサービスを利用できない状態が続いている。また対象となる会員には個別に連絡して、パスワードの変更を案内するとともに、適切なパスワード管理を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も