Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北海道で「セキュリティ・ミニキャンプ」が初開催

情報処理推進機構(IPA)、セキュリティ・キャンプ実施協議会、経済産業省は、共同で「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道」を11月に開催する。

セキュリティ・キャンプは、若年層におけるセキュリティ人材の育成を目的に、2004年から実施されているが、2013年より地方大会として、セキュリティ・ミニキャンプを各地域で展開している。

ミニキャンプでは、地元の企業や公的機関などの協力をもとに、学生はもちろん、保護者や一般社会人、教育関係者なども参加できる学びの場を提供している。

北海道地区では今回初開催となる。11月1日と2日に学生を対象とした合宿を実施。専門家による不正アプリやフォレンジック、CTFに関する講義、パネルディスカッション、演習などを予定している。また初日の一部講演は、学生以外も参加できる。

会場は、札幌市産業振興センター。参加費用は無料で、応募の締め切りは10月6日17時。講演の定員は50名で、定員になり次第締め切る。合宿の定員は20名で選考により決定する。

(Security NEXT - 2014/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も