Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノベル、ディザスタリカバリアプライアンスの新シリーズを投入

ノベルは、ディザスタリカバリ用アプライアンス「PlateSpin Forge 700シリーズ」を9月1日より提供開始する。

同シリーズは、中堅企業、大企業向けのディザスタリカバリ用アプライアンス製品。仮想化技術によりサンドボックス環境で復旧テストまで行うことができる。

すでに提供している「PlateSpin Forge 500シリーズ」のパフォーンスと容量を強化。保護対象のサーバワークロードを、4倍にあたる最大100台へと拡大した。

最新のソフトウェア「PlateSpin Forge 11」を搭載しており、最新OSやハイパーバイザーに対応。2Tバイト以上のGPTハードドライブやブートドライブを備えた新型UEFI物理サーバをサポートする。さらに仮想化プランニングツールPlateSpin Recon 4をバンドルした。

同社では、2015年7月にサポートが終了する「Windows Server 2003」の移行時におけるソリューションとしても製品を展開する。

価格はオープンプライスで、市場予想価格は756万円から。

(Security NEXT - 2014/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
小学校で児童の既往歴など含む保健調査票を誤廃棄 - 相模原市
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
化粧品OEMメーカーにサイバー攻撃
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック