Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノベル、ディザスタリカバリアプライアンスの新シリーズを投入

ノベルは、ディザスタリカバリ用アプライアンス「PlateSpin Forge 700シリーズ」を9月1日より提供開始する。

同シリーズは、中堅企業、大企業向けのディザスタリカバリ用アプライアンス製品。仮想化技術によりサンドボックス環境で復旧テストまで行うことができる。

すでに提供している「PlateSpin Forge 500シリーズ」のパフォーンスと容量を強化。保護対象のサーバワークロードを、4倍にあたる最大100台へと拡大した。

最新のソフトウェア「PlateSpin Forge 11」を搭載しており、最新OSやハイパーバイザーに対応。2Tバイト以上のGPTハードドライブやブートドライブを備えた新型UEFI物理サーバをサポートする。さらに仮想化プランニングツールPlateSpin Recon 4をバンドルした。

同社では、2015年7月にサポートが終了する「Windows Server 2003」の移行時におけるソリューションとしても製品を展開する。

価格はオープンプライスで、市場予想価格は756万円から。

(Security NEXT - 2014/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
バックアップデータに外部アクセス、設定ミスで - 三井住友建設
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ