Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Safari」のセキュリティアップデートを公開 - 脆弱性7件を修正

Appleは、同社製ブラウザ「Safari」向けに脆弱性を修正するセキュリティアップデート「同6.1.6」「同7.0.6」を提供開始した。

今回のアップデートは「OS X Lion 10.7.5」以降に提供するもので、「WebKit」におけるメモリ破壊の脆弱性7件を修正するプログラム。

細工したウェブサイトなどを読み込み、脆弱性が悪用されると、同ブラウザがクラッシュしたり、不正なコードを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2014/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正