Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 不正ログイン発生と騙す手口

セゾンカードの会員向けオンラインサービス「セゾンNetアンサー」を騙るフィッシングメールが流通しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20140811_ap_001.jpg
クレジットカードの情報入力を求めるフィッシングサイト(画像:フィッシング対策協議会)

問題のメールは「【重要:必ずお読みください】セゾンNetアンサーご登録確認」という件名で配信されており、「第三者によるログインが確認し、暫定的にIDを変更した」などと不安を煽って、本文に記載したURLから偽サイトへ誘導。ログインしてIDの変更を行うよう促す。

フィッシングサイトでは、「再登録フォーム」などと説明し、カード番号や有効期限にくわえ、セキュリティコード、パスワード、生年月日などを入力させ、情報を騙し取る。

8月11日10時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、サイトの閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼した。今後も同様のフィッシングサイトが公開される可能性があるとして、引き続き警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意