Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテックのエンドポイント向けセキュリティ製品に脆弱性

シマンテックのエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Symantec Endpoint Protection(SEP)」にバッファオーバーフローの脆弱性が含まれることが判明した。

Windows版において初期設定で読み込まれる「sysplantドライバ」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2014-3434」が存在することが判明したもの。脆弱性を悪用されると、ログインしたユーザーによって端末の制御を奪われるおそれがある。

影響を受けるのは、「同クライアント 12.1」「同12.0 Small Business Edition」「同クライアント 11.0」。以前のバージョンも含まれる。

同社では脆弱性を解消するセキュリティパッチ「同 12.1.4112.4156」を公開した。また「sysplantドライバ」を無効化することで脆弱性を緩和できるという。

(Security NEXT - 2014/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開