Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽サイト乱立、企業や警察など偽装

企業や組織の正規サイトを装った模倣サイトを多数確認しているとして、キヤノンITソリューションズは、注意を呼びかけた。

同社によれば、問題サイトのサーバは、プロキシサーバとして稼働。「.org」を利用しているケースが目立つが、正規サイトと勘違いさせるよう、正規ドメインの文字列をサブドメイン部分に利用していた。

既報であるNTTドコモのほか、大阪府警やNTTデータ、ケイ・オプティコム、ユミルリンクなど、複数の企業や組織などを装って7月25日ごろより設置されているという。

同社は、ウェブサイトにアクセスする前にURLを確認するなど十分注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か