Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク対応カメラ「Qwatchシリーズ」に深刻な脆弱性

アイ・オー・データ機器が販売するネットワーク対応カメラ「Qwatchシリーズ」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を修正するファームウェアが提供されている。

20140729_io_001.jpg
脆弱性についてアナウンスしたアイ・オー・データ機器

「Qwatchシリーズ」において、特定のURLへアクセスすることにより、認証を回避できる脆弱性「CVE-2014-3895」が存在することが判明したもの。同脆弱性が悪用されると、ネットワーク経由でパスワードをはじめとする内部設定情報を取得、機器を不正に操作されるおそれがある。

影響を受けるファームウェアのバージョンは、「TS-WLCAM」および「TS-WLCAM/V」が「1.06」。「TS-PTCAM」「TS-PTCAM/POE」および「TS-WPTCAM」が「1.08」、「TS-WLC2」が「1.02」。これらバージョンより以前ファームウェアにも同様の脆弱性が存在する。

同社では、脆弱性を修正した最新版のファームウェアを公開しており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性