Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年のフィッシング報告件数は1万5000件超 - 前年比17倍と急伸

フィッシング対策協議会は、2013年度におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法の傾向などを取りまとめたレポートを公開した。

レポートによれば、2013年度のフィッシング報告件数は1万5171件。2012年度の828件と比較すると、17倍以上の急増となった。

7月以降にオンラインゲーム関連のフィッシングが多数報告されたこと、また11月以降にはさらに金融機関を対象としたフィッシングの報告が増加したことが、おもな原因だった。

一方、フィッシングに用いられたサイトのURL件数は2522件と、前年度の2286件を236件上回ったものの、大きな変化は見られなかった。

またブランド名を悪用された企業数は、前年度の117件から136件に増加。報告件数の伸び率と比較すると緩やかで、被害に遭うブランドの固定化が進んでいる。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
「新冠ワクチン接種のお知らせ」? - ワクチン接種の便乗フィッシングに注意
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
クレカ会員サイト「Vpass」の情報を詐取するフィッシング
「プライム」が更新切れ? - 家電量販店「ノジマ」装うフィッシング
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
高速道路の「ETCサービスが無効になった」と不安煽るフィッシング