Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年のフィッシング報告件数は1万5000件超 - 前年比17倍と急伸

フィッシング対策協議会は、2013年度におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法の傾向などを取りまとめたレポートを公開した。

レポートによれば、2013年度のフィッシング報告件数は1万5171件。2012年度の828件と比較すると、17倍以上の急増となった。

7月以降にオンラインゲーム関連のフィッシングが多数報告されたこと、また11月以降にはさらに金融機関を対象としたフィッシングの報告が増加したことが、おもな原因だった。

一方、フィッシングに用いられたサイトのURL件数は2522件と、前年度の2286件を236件上回ったものの、大きな変化は見られなかった。

またブランド名を悪用された企業数は、前年度の117件から136件に増加。報告件数の伸び率と比較すると緩やかで、被害に遭うブランドの固定化が進んでいる。

(Security NEXT - 2014/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング被害で不審メール送信の踏み台に - 矢野経済研究所
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト