Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員の自宅で盗難、高齢者名簿が被害 - 横浜市

横浜市は、民生委員の自宅が盗難被害に遭い、高齢者52人の個人情報が記載された名簿などが盗まれたことを明らかにした。

同市緑区在住の民生委員児童委員の自宅で7月12日に盗難が発生。同委員が管理していた高齢者名簿を入れた鞄などが被害に遭ったことが判明した。

盗難に遭ったのは、一人暮らし高齢者リストと安否確認訪問先の名簿。リストには高齢者20人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別、要介護度、居宅介護支援事業者などが記載されている。また名簿は38人の氏名、住所、電話番号を含む。重複分を除き、あわせて52人分の個人情報が被害に遭った。

対象となる高齢者には、区役所職員や民生委員が自宅を訪問するなどして、説明と謝罪を行った。今後についても、関係者については重点的に訪問するなど、対策を講じる。

(Security NEXT - 2014/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大