Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ODNのウェブメール利用者狙うフィッシングに注意 - 「DGTFXウイルスを検出」と不安煽る

ソフトバンクテレコムのインターネット接続サービス「ODN」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。同社やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20140714_st_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングメールの文面

問題のフィッシングメールは、利用者のメールボックスにおいて「DGTFXウイルス」が見つかったなどと偽の警告メールを送り付ける手口。

「ウイルスにより重要なファイルがダメージを受ける」などと不安を煽り、ウイルス対策ソフトのアップデートが必要などとして、ユーザー名やパスワードをメールで返信させようとする。

同様の攻撃はこれまでも海外で発生しており、プロバイダやフリーメールの利用者を狙って送信されている。

「DGTFXウイルス」の警告を装うことから「DGTFXフィッシング」などとも呼ばれている。今回のメールは、海外で出回った英文によるフィッシングメールの文面を機械翻訳により日本語に変換、プロバイダ名を変更して利用していた。

またODNを狙った別の手口のフィッシング攻撃も確認されている。メールボックスの容量が制限に近づいているなどと説明し、確認を促すように見せかけ、偽サイトへ誘導。機械翻訳と見られる不自然な日本語が用いられていた。

JPCERTコーディネーションセンターによれば、今回確認されたフィッシングサイトは現在も稼働しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

今後、類似したフィッシング攻撃が発生するおそれもあり、フィッシング対策協議会やソフトバンクテレコムでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ