Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、プロセスと通信情報を記録するマルウェア対策ソフトを発売 - 東京電機大と共同開発

ディアイティは、組織内においてマルウェア感染の追跡調査が可能となるソフトウェア「CAPLogger」を8月1日より販売開始する。

同製品は、端末においてプロセスと通信情報を紐づけてログとして記録するソフトウェア。通信を可視化し、マルウェア検知時などに、端末内における関連プログラムの調査や、マルウェアが起動するプロセスなどを分析できる。

同社と東京電機大学未来科学部情報メディア学科佐々木良一研究室が共同研究し、開発したもので、同大の学生が開発したプログラムなども組み込まれているという。

価格は、100ユーザで利用した場合、10万8000円から。別途、初期費用が必要。同社では、官公庁や企業などに製品を販売していく。

(Security NEXT - 2014/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII