Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セガが「PSO2」を順次再開、課金サービスも - 「DDoS攻撃は小康状態」

セガが運営するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」「ファンタシースターオンライン2 es(PSO2es)」が、DDoS攻撃を受けた問題で、同社は一時停止していたサービスを順次再開している。

外部からの攻撃により、6月19日よりゲームサーバへ接続しにくい状態が発生。調査によりDDoS攻撃が原因であると判明し、その後攻撃が強まったことから、サービスを提供できない状態に陥っていた。ゲームだけでなく、公式サーバなども一時ダウンしている。

同社では、サービスの再開を目指して対策を進め、「攻撃が小康状態になった」と説明。6月27日16時より一部サービスを再開している。

その後もサービスの運用状況を見ながら調整を進めており、大きな問題が確認されなかったことから、ゲーム内で利用する仮想通貨である「アークスキャッシュ」の販売も再開した。

ただし、スマートフォン版の「PSO2es」など一部サービスは現在も利用できないなど、一部影響が残っている。

同社は、今回サービスが停止したことを受け、サービス有効期限の延長や謝罪によるアイテムの配布などを発表。利用者への対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー