Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セガが「PSO2」を順次再開、課金サービスも - 「DDoS攻撃は小康状態」

セガが運営するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」「ファンタシースターオンライン2 es(PSO2es)」が、DDoS攻撃を受けた問題で、同社は一時停止していたサービスを順次再開している。

外部からの攻撃により、6月19日よりゲームサーバへ接続しにくい状態が発生。調査によりDDoS攻撃が原因であると判明し、その後攻撃が強まったことから、サービスを提供できない状態に陥っていた。ゲームだけでなく、公式サーバなども一時ダウンしている。

同社では、サービスの再開を目指して対策を進め、「攻撃が小康状態になった」と説明。6月27日16時より一部サービスを再開している。

その後もサービスの運用状況を見ながら調整を進めており、大きな問題が確認されなかったことから、ゲーム内で利用する仮想通貨である「アークスキャッシュ」の販売も再開した。

ただし、スマートフォン版の「PSO2es」など一部サービスは現在も利用できないなど、一部影響が残っている。

同社は、今回サービスが停止したことを受け、サービス有効期限の延長や謝罪によるアイテムの配布などを発表。利用者への対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
DDoS攻撃の踏み台となる「NTPサーバ」の探索行為が増加
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査