Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、IT専門家向けに「勝手TLD」の名前衝突確認や抑止対策を紹介したガイド

日本レジストリサービス(JPRS)は、組織内で用いられている「勝手TLD」と「gTLD」が衝突するリスクが指摘されている問題で、ICANNが公開している文書の日本語版「IT専門家のための名前衝突の確認および抑止方法ガイド」を公開した。

新gTLDの導入にともない、組織内において利用している既存のドメイン名がインターネット上のドメイン名と衝突してしまう「名前衝突」の問題が懸念されていることから、同社では、啓発活動の一環としてICANNが公開している「Guide to Name Collision Identification and Mitigation for IT Professionals」を日本語へ翻訳、公開したもの。

同社では、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)の「新gTLD大量導入に伴うリスク検討・対策提言専門家チーム」へ参加、問題の検討や周知活動を展開している。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
メール作成時のコピーで誤操作、本文にメアドの一部 - 静岡県立高
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破