Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マーケティング情報サイト運営会社のDBに不正アクセス - 会員情報漏洩の可能性

ターゲットメディアは、同社が運営するサイトのデータベースサーバが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、6月2日に外部より不正アクセスを受けたもので、翌3日に痕跡を発見し、被害に気が付いた。データベースサーバの脆弱性が狙われ、外部のサーバ経由で直接データベースサーバに不正アクセスを受けたという。

同社は、マーケティング情報サイトである「マーケメディア」のほか、マーケティング会社比較サイトなどを提供。またダイヤモンド社と「ダイヤモンドオンライン+MARKETING」、日経BP社と「売れる仕組みに役立つ資料まとめ」といったサイトを共同で運営している。

今回の不正アクセスにより、登録会員の「会社名」「部署名」「役職名」「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「住所」「会員専用パスワード」などが外部へ流出したおそれがあり、同社は情報漏洩の範囲など詳細について調査を進めている。今後、あらたな事実が判明次第、公表していく方針。

(Security NEXT - 2014/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - 通信機器メーカー
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大