Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月に発生したサイト改ざんを公表 - 日本バスケットボール協会

日本バスケットボール協会(JBA)は、2月中旬から3月中旬にかけて、協会の公式サイトが改ざん状態にあったことを明らかにした。

同協会によれば、サイトが外部より不正アクセスを受け、2014年2月中旬から3月中旬にかけて、一部ページにおいて改ざんが発生。閲覧すると外部サイトに誘導され、マルウェアへ感染する可能性があった。原因については調査中としている。

同協会ではすでにサイトの修復を完了しており、現在は通常通り提供している。また改ざん期間中にサイトにアクセスした利用者に対し、念のためウイルス感染の有無を確認するよう求めている。

同協会のサイト改ざんについては、同協会の発表に先立ち、5月8日にシマンテックが発表。水飲み場攻撃に利用され、当時未修正だった脆弱性が悪用されたことが明らかになっていた。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、シマンテックの発表日に誤りがありました。読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響