Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleが脆弱性を解消した「iOS 7.1.1」を公開 - SSL処理の脆弱性に対応、「Heartbleed」とは無関係

Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイス向けに19件の脆弱性を解消した最新OS「iOS 7.1.1」を公開した。

今回公開したのは、「WebKit」における脆弱性16件をはじめ、19件の脆弱性を修正するセキュリティアップデート。トリプルハンドシェイク攻撃を受けるおそれがある脆弱性「CVE-2014-1295」に対応した。

同脆弱性は、SSL接続時において、データ流出のおそれがある脆弱性だが、話題となっているOpenSSLに見つかった深刻な脆弱性「Heartbleed」とは別の脆弱性。また「CFNetwork」における「HTTPプロトコル」処理における問題など複数の脆弱性に対応。またiPhone 5Sで搭載する「指紋認証機能」の機能向上を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2014/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
Apple、「iOS 14.3」をリリース - 旧端末向けにも更新を用意
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
【追記あり】Appleが「iOS 14.2」を公開、脆弱性24件を修正 - 一部に悪用コードも
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース