Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、クラウド型ウェブフィルタリングの新版を提供

デジタルアーツは、法人向けクラウド型ウェブフィルタリングサービスの新版「i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3.5」を提供開始した。

新版では、抑止効果を狙った警告画面表示機能が加わったほか、ヘッダーコントローラー機能により、ヘッダーフィールドの操作に対応し、ウェブサービスなどにおいて、個人アカウントの利用を制限できるようになった。

また端末から外部ウェブサイトへPOST送信したデータをログとして保存できる「POSTログ機能」を搭載。さらにブロックしたURLの一覧を閲覧できる「ブロックログ機能」など追加している。

提供当初は、iPhoneをはじめとするiOS端末向けに展開し、AndroidやWindowsに対しては、5月上旬よりアプリケーションを提供する予定。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に