Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を提供

logotm.jpg

トレンドマイクロは、大手企業や中央省庁を対象に「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を4月7日より提供開始する。

同サービスは、組織におけるセキュリティオペレーションセンター(SOC)や、インシデント対策チーム「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の構築や運用を支援するサービス。

システムやサービス、利用環境、組織体制など踏まえた上で運用に必要な人員リソースなどを定義。体制、システムの構築にくわえ、脅威の分析についても支援する。

また模擬環境における演習や、事例に基づいた実践的なセキュリティトレーニングを提供。組織内の人材育成などをサポートする。

さらにインシデント発生時には、専用ツールを用いたログ分析など、調査や復旧支援についても対応。SOCで発見した新種マルウェアのパターンファイルを早期提供なども行う。

同社は、関連製品を含め、今後1年間に15億円の売上を目指して同サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2014/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み