Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪問介護利用者の名簿を職員が外出先で紛失 - 川口市社会福祉協議会

川口市社会福祉協議会は、訪問介護事業所の利用者79人の個人情報が記載された名簿を職員が紛失したと発表した。

3月22日に、職員が外出先で電話対応を行った際に紛失したもので、同日中に警察へ届出を行い、周囲を捜索。しかし発見できなかった。

紛失した名簿には、同協議会が運営する訪問介護事業所の利用者79人の氏名、住所、電話番号のほか、緊急連絡先の氏名と電話番号、関係機関名、担当者名、電話番号などが記載されていた。

同協議会では、対象となる利用者に対し個別訪問や電話連絡などを行い、謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2014/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市