Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝、暗号化機能搭載HDDが「FIPS 140-2」を取得

東芝は、暗号化機能を備えた薄型ハードディスク「MQ01ABUxxxBWシリーズ」が、暗号モジュールを認定する「FIPS 140-2」認証を取得したと発表した。

米国立標準技術研究所(NIST)の審査を経て、米政府のコンピュータ安全規格である「FIPS140-2 Level 2」の認定を取得したもの。

「同シリーズ」の暗号化機能は、TCG(Trusted Computing Group)の安全規格である「Opal」に基づいて設計。データの暗号化にくわえ、再利用時において記録データを無効化できる機能や、登録されていないシステムからアクセスされた際にデータを自動消去する「wipe technology」を備えている。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス