Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング報告件数は2836件 - ゲームや金融機関装う攻撃が引き続き発生

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシングの状況について取りまとめた。引き続き多数報告が寄せられており、オンラインゲームや金融機関の利用者を狙った攻撃が目立っている。

2月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は2836件。4656件で過去最多となった1月から1820件減となったが、過去2番目に多い状況だという。2013年11月から多発しているオンラインゲームや金融機関関連のフィッシングについて、2月も多数の報告が寄せられた。

また「OMC Plus」や「セゾンNetアンサー」などクレジットカード会員を狙ったフィッシングメールも確認。ISPのウェブメールを騙るフィッシングも引き続き発生している。

フィッシングサイトの公開に用いられたURLは204件。前月より339件の大幅減となった。一方フィッシングに悪用されたブランド件数は19件と、前月から3件増加している。

同協議会では、不審なメールを受け取った場合やフィッシングと判断するのに迷う場合であっても、同協議会やサービス事業者の窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート