Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「OS X」のセキュリティアップデートを公開 - 33件の脆弱性を解消

Appleは、複数の脆弱性を修正するセキュリティアップデート「OS X Mavericks 10.9.2」および「Security Update 2014-001」を提供開始した。

同アップデートは、「同Lion 10.7.5」「同Mountain Lion 10.8.5」「同Mavericks 10.9」および「同10.9.1」向けに公開したもの。細工されたファイルを開くとコードを実行される深刻な脆弱性をはじめ、あわせて33件の脆弱性を解消している。

通信内容を暗号化する「SSL」の処理に存在する脆弱性に対応したほか、アプリのサンドボックスを回避される問題を解決したほか、ルート証明書のアップデートなども含まれる。

さらにディスプレイドライバや画像ファイル処理、マルチメディアソフトである「QuickTime」のほか、「PHP」「Apache」「ファイルブックマーク」「日時」など多数修正が加えられている。

(Security NEXT - 2014/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起