Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が橋下市長の戸籍を不正閲覧 - 大阪市

大阪市は、大正区役所と淀川区役所の戸籍担当職員が、戸籍情報システムを利用して橋下徹市長の戸籍を業務とは関係なく閲覧していたことを明らかにした。

同市の発表によれば、橋下市長からの個人情報の開示請求を受け、2月7日に同市が戸籍の発行履歴を確認したところ、戸籍情報の不正閲覧が発覚した。

大正区の職員は、2011年3月11日、10月5日、11月15日に8回にわたって閲覧。淀川区の職員は、2013年11月14日に2回閲覧した。いずれも業務とは関係ない閲覧だが、内容のメモや出力、他人への漏洩などは否定しているという。

同市では、2職員について戸籍情報システムへの全アクセスログを調査し、業務外閲覧の詳細を確認したうえで処分を行う。また戸籍業務に従事している全職員を対象に、自己申告による調査とアクセスログによる調査を実施する。

(Security NEXT - 2014/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス