Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市職員が橋下市長の戸籍を不正閲覧 - 大阪市

大阪市は、大正区役所と淀川区役所の戸籍担当職員が、戸籍情報システムを利用して橋下徹市長の戸籍を業務とは関係なく閲覧していたことを明らかにした。

同市の発表によれば、橋下市長からの個人情報の開示請求を受け、2月7日に同市が戸籍の発行履歴を確認したところ、戸籍情報の不正閲覧が発覚した。

大正区の職員は、2011年3月11日、10月5日、11月15日に8回にわたって閲覧。淀川区の職員は、2013年11月14日に2回閲覧した。いずれも業務とは関係ない閲覧だが、内容のメモや出力、他人への漏洩などは否定しているという。

同市では、2職員について戸籍情報システムへの全アクセスログを調査し、業務外閲覧の詳細を確認したうえで処分を行う。また戸籍業務に従事している全職員を対象に、自己申告による調査とアクセスログによる調査を実施する。

(Security NEXT - 2014/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大