Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー受講者のメールアドレスリストを誤送信 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、セミナー受講者のメールアドレスリストを誤ってメールへ添付し、送信する事故が発生したことを公表した。

同協会では、2月14日に「中小企業向け指導者育成セミナー」の受講者へメールでアンケートを添付したが、その一部で添付ファイルを誤り、579件のメールアドレスリストを送付してしまったという。

当初1562人にアンケートを添付してメールを送信したが、通信障害で一部送信できなかった579件のメールアドレスを抽出。再度送信する際にアンケートではなくメールアドレスリストを添付するミスが発生した。送信直後にミスへ気が付き、誤って送信したメールの削除を依頼している。

同協会では、通信障害で発生した例外処理により、従来のチェック手順が省略されたことや、アンケートファイルの取り扱いに問題があったとして、チェックや手順の見直しを行うほか、情報共有やセキュリティ教育の実施などにより再発防止を進めるとしている。

(Security NEXT - 2014/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府