Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Akamai、WAFにテストフレームワークを追加 - 誤検出の低減目指す

米Akamai Technologiesは、同社ウェブセキュリティ製品「Kona Site Defender」のウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)機能について機能強化を図った。

同社では、同社のプラットフォーム上で収集し、1日あたり平均1.5Tバイトの攻撃トラフィックを解析するWAFテスティングフレームワークを開発。解析データをもとに攻撃ベクトルを検出し、攻撃のブロックすることが可能になったという。

また同フレームワークにより、誤検出の原因となっていた攻撃検出ロジックの改良を実施することで、誤検出の発生を低減。「PHPインジェクション」や「リモートファイルインジェクション」など、従来WAFにおいてチューニングが必要とされる攻撃にも対応した。

(Security NEXT - 2014/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
生活保護受給者のデータを改ざん、職員を処分 - 仙台市
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか