Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国で改ざん攻撃やCTFなどを学べる講習会

経済産業省四国経済産業局は、四国地域の企業や地方公共団体の情報セキュリティ技術者を対象とした講習会を2月8日、9日に開催する。

同講習会では、セキュリティコンテスト「SECCON」の教材を活用。サーバの脆弱性を突いた改ざん攻撃や、サイバー犯罪などの捜査にも用いられるデータの収集、解析方法などをテーマに、実戦を通じてセキュリティを学ぶ。

講習会の会場は松山市および香川市を予定しており、各会場の定員は20名。先着順で受け付ける。なお、参加には、無線LANへ接続できるノートパソコンを持参する必要がある。詳細は講習会のウェブページから。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表