Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「P-Pointer」と「Logstorage」が連携、個人情報含むファイルへのアクセスログを集中管理

レピカは、同社のファイルサーバ向け個人情報検出ソフト「P-Pointer EXA」が、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」の連携に対応したと発表した。

「P-Pointer EXA」は、ファイルサーバ内の個人情報ファイルを検出するソフト。統合ログ管理システム「Logstorage」と連携することで、ファイルサーバ上で保管されている個人情報ファイルに対するアクセスログのみを抽出し、集中的に管理することが可能になった。

具体的には、ファイルサーバ上の個人情報ファイルへのアクセス履歴取得や、個人情報ファイルのフォルダ別、種類別、時系列などによる分析、個人情報ファイル数やアクセス回数などの定期的なメール通知といった連携機能を提供する。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能