Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「P-Pointer」と「Logstorage」が連携、個人情報含むファイルへのアクセスログを集中管理

レピカは、同社のファイルサーバ向け個人情報検出ソフト「P-Pointer EXA」が、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」の連携に対応したと発表した。

「P-Pointer EXA」は、ファイルサーバ内の個人情報ファイルを検出するソフト。統合ログ管理システム「Logstorage」と連携することで、ファイルサーバ上で保管されている個人情報ファイルに対するアクセスログのみを抽出し、集中的に管理することが可能になった。

具体的には、ファイルサーバ上の個人情報ファイルへのアクセス履歴取得や、個人情報ファイルのフォルダ別、種類別、時系列などによる分析、個人情報ファイル数やアクセス回数などの定期的なメール通知といった連携機能を提供する。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ