Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスコスモス、緊急時に最短1日で対応窓口が設置できるサービス

トランスコスモスは、情報漏洩事故やリコールといった緊急時に最短1日でコールセンターを開設できる「緊急コールセンターサービス リスク対策パック」の提供を開始する。

同ソリューションは、緊急用コールセンターの事前準備や回線維持をパッケージ化したもの。事前準備を行っておくことで、最短1日で緊急対応窓口のコールセンターを立ち上げることができるという。

パッケージには、緊急事態の発を想定して業務の流れを策定する「業務フロー策定」、コールセンター交換機の設定を行う「コールフロー策定」、研修や教育を提供する「管理者業務習得」のほか、「マニュアル作成」「フリーダイヤル取得・回線維持」「連携ルール策定」「対応窓口業者検討」などが含まれる。初期費用は20万円から。

また「フリーダイヤル維持費」や「PBX維持費」「メンテナンス作業費」などのランニング費用は、月額2万円から。

(Security NEXT - 2014/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク