Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告件数が1000件に迫る勢い - 前月の4倍超、金融機関騙る手口が増加

フィッシング対策協議会は、11月のフィッシング報告状況について取りまとめた。これまで比較的小康状態にあった金融機関関連のフィッシングが増加したことで、報告数が前月の4倍以上に急増している。

同協議会に寄せられた11月のフィッシング報告件数は962件で過去最悪を記録。前月の223件から739件へと急伸し、1000件に迫る勢いだった。100件前後で推移していた2013年前半と比較すると、深刻な状況に陥っていることがわかる。

夏ごろから広がりを見せているオンラインゲーム関連のフィッシングにくわえ、ここ数カ月は比較的低い水準だった金融機関を騙るフィッシングが再び増加に転じたことが原因だという。

なかでも三菱東京UFJ銀行を装ったフィッシングメールが大量に出回り、同協議会でも同月18日に緊急情報を公開した。またオンラインゲームや金融機関を騙るフィッシング以外では、ウェブメールやポータルサイトを悪用したケースが確認されている。

フィッシングサイトに利用されたURLの件数も、133件増の229件へと増加している。フィッシングに悪用されたブランド件数は11件で、前月を2件多く、いずれの項目でも前月を上回る結果となった。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系