Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立小児総合医療センターで患者情報が所在不明

東京都は、10月に都立小児総合医療センターで発生した個人情報の紛失事故2件を公表した。

10月3日に発生した事故は、委託先企業の協力会社従業員が入院患者の一覧表を同センター内で紛失したもの。同センターの病歴室で入院手続きの書類を確認する際に一覧表を利用。机上においたまま昼休みや打ち合わせのため離席したが、1時間半後に戻ったところ、一覧表がなくなっていることに気が付いた。

紛失した一覧表には、患者の氏名やID、診療科など33人分の個人情報が記載されていた。病歴室には、他協力会社や同センターの医師、事務員以外は入室しておらず、院内で紛失した可能性が高いと都では説明している。

また10月29日には、患者の入院申込書、健康保険被保険者証の写し、診療予定表など1人分の入院手続書類が所在不明となっている。

協力企業の職員が事務室で入院患者の夜間受付業務を行い、パソコンの入力作業などが行われたが、その後、所在がわからなくなったという。氏名や住所、ID、電話番号、勤務先などの情報が記載されていた。

同センターでは、これら紛失事故を受けて、関係者に事情を説明し、謝罪した。また再発防止に向けて、規定の周知徹底や、研修の実施などを行うとしている。

(Security NEXT - 2013/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK