Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で企業担当者のアドレス流出 - 岐阜県産業技術センター

岐阜県産業技術センターでメール誤送信が発生し、同県内企業の担当者22人のメールアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、10月8日16時半ごろに送信した、中小企業技術者研修の開催案内メール。同センター職員が、県内の中小企業担当者22人に送信した際、送信先アドレスの入力欄を誤ったため、全員の氏名とメールアドレスが表示された状態となった。

同センターでは同日中に対象者へ謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2013/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
無関係の顧客情報をメールで委託先に誤送信 - ガスパル中国
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市