Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ODN WEBメール」のフィッシング攻撃に注意 - 「偽gooメール」や「偽eoWEBメール」とともに稼働中

ソフトバンクテレコムが提供する「ODN WEBメール」を装ったフィッシング攻撃が確認された。「gooメール」や「eoWEBメール」のフィッシングサイトと同じサーバ上で10月3日22時現在も稼働している。

問題のメールでは、「メンバーシップを確認する必要がある」などと説明。デザインが本物と酷似したフィッシングサイトへ誘導し、IDやパスワードを騙し取る。

10月1日に確認された「gooメール」や「eoWEBメール」のフィッシング攻撃と同様の手口で、本文は機械翻訳などを利用したと見られる不自然な日本語で記載されていた。また在マレーシア英国商工会議所のウェブサーバ上に設置されていることも共通している。

今回見つかったフィッシングサイトは、「gooメール」や「eoWEBメール」の偽サイトとともに10月3日22時の時点でも稼働を続けており、今後、さらに他社のウェブメールサービスがターゲットになる可能性もある。

フィッシング対策協議会では、サイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼するとともに、インターネット利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を