Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バンナムのIDポータルで約3万4000件の不正ログイン - 100万回試行した形跡

バンダイナムコゲームスは、同社の会員登録サイトで、約3万4000件の「なりすまし」による不正ログインが発生したと発表した。顧客情報が閲覧されたおそれがあるという。

20130927_bn_001.jpg
パスワードリスト攻撃を受けたバンダイナムコゲームス

同社会員登録サイトの「バンダイナムコIDポータルサイト」において、9月24日に大量のアクセスエラーが発生していたために調査したところ、他社サービスから流出したと見られるIDやパスワードを利用した不正ログインを確認したという。

今回のパスワードリスト攻撃では、9月23日から9月26日にかけて、100万3198回にわたるログインの試行が行われており、3万4069件のアカウントが不正ログインを許したという。同社では、関連アカウントのログインを凍結し、利用者へパスワードの再設定を要請した。

プロフィール情報にアクセスされた可能性があり、バンダイナムコIDとして利用するメールアドレスをはじめ、パスワード、性別、生年月日、地域のほか、任意でユーザーが設定しているユーザーネーム、ニックネーム、サブメールアドレス、PSNのオンラインIDなどが流出した可能性がある。ただし、情報の改ざんや、有料サービスの不正使用は確認されていないという。

同社では、監視を強化したほか、顧客情報を閲覧、編集する機能においてワンタイムパスワードによる認証を導入した。また同社では、他社サービスと同じパスワードを利用しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン