Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールに個人情報記載の資料を誤って添付 - 経産省

経済産業省は、東北経済産業局の職員がガス事業者に業務上のメールを送信した際、誤ってほかのガス事業者の従業員69人の個人情報が記載された資料を添付する事故があったことを公表した。

同省によれば、9月6日、ガス事業の供給約款変更の認可申請に関わる特別監査の準備作業として、対象となるガス事業者に資料の事前作成を依頼するメールを送信。その際、職員のミスにより、個人情報が記載された資料を添付した。

添付した資料には、ほかのガス事業者の従業員69人の氏名、生年月日、年齢、賃金などが記載されていたため、情報漏洩の対象となったガス事業者に謝罪。漏洩した情報については、誤送信先ですべて削除され、外部への二次流出がないことを確認したという。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト