Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者の個人情報含むPCが出張先のロンドンで盗難 - 東大大学院

東京大学大学院情報学環の教員が、関係者約350人の個人情報が保存されたノートPCを、出張先の英国ロンドンで盗まれたことがわかった。

同大学の発表によれば、教員は6月15日から23日までのロンドンへの出張中に盗難に遭い、ノートPCが入った鞄を盗まれたという。PCには同教員が所属する情報学環教員名簿や新聞研究所、社会情報研究所および情報学環教育部同窓会名簿などが保存されていた。

これらの名簿には、約350人の氏名、自宅住所、電話番号、所属、研究室居室、メールアドレスなどの個人情報が含まれる。

同大では、対象となる関係者に、文書で報告と謝罪を行っているが、情報の不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市