Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イグアス、標的型攻撃のファイルを無害化する「防人」のアプライアンスサーバを発売

イグアスは、メールの添付ファイルを無害化するアプライアンスサーバ「防人アプライアンス」を提供開始した。

同製品は、ネットエージェントが開発する標的型攻撃メール対策ソリューション「防人」と日本IBMのx86サーバ「IBM System x」を組み合わせたアプライアンス製品。

メールに添付されたファイルをJEPGファイルに変換して表示するため、添付ファイルに悪用コードなどが埋め込まれたファイルであっても、安全に中身を確認することができる。

さらに本文中に含まれるリンク先URLの内容を画像で表示することが可能。受信したメール本文中に送信元の国情報および送信ドメイン認証情報を表示するほか、不正な場合は送信元が詐称されていることを警告する。添付ファイルの原本が必要な場合は、再送要求リンクをクリックすることで入手できる。

価格は、3年間の保守費用込みで300ユーザー版が414万2145円。500ユーザー版が613万8195円。エスアイインフォジェニックを通じて販売し、2015年までに60社へ導入することを目標に展開していく。

(Security NEXT - 2013/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起