Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kingsoft Internet Security」に不具合 - MS月例パッチ適用で起動時にエラー

キングソフトが提供するセキュリティ対策ソフト「Kingsoft Internet Security」で不具合が発生している。同社は修正プログラムの提供を開始している。

日本マイクロソフトが、6月12日に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS13-048」を適用すると、起動中に停止したり、ブルースクリーンの状態が発生する不具合が判明したもの。

同社は、更新プログラムを用意し、オンラインアップデートで提供を開始している。順次自動的に適用されるが、適用を急ぐ場合は手動でアップデートするよう同社では呼びかけている。

すでに症状が発生している場合は、「セーフモードとネットワーク」にて起動し、「Kingsoft Internet Security」をアップデートすることで問題を解消することが可能。セーフモードで起動できない場合は、Windows用の月例パッチを削除した上で「Kingsoft Internet Security」のアップデートを行い、再度月例パッチを適用する必要がある。

同社のウェブサイトで配布している同製品については、いずれも最新バージョンとなっており、更新プログラムを適用する必要はないとしている。

(Security NEXT - 2013/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局