Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ管理製品「HP Insight Diagnostics」に複数の脆弱性 - リモートからコード実行可能

サーバの診断やトラブル対策機能を提供する日本HP製サーバ管理ツール「HP Insight Diagnostics」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同製品には、3件の脆弱性が存在。リモートより攻撃し、それぞれを組み合わせることで最終的にサーバの管理者権限を取得することが可能になるという。「同9.4.0.4710」および以前のバージョンも影響を受ける。

セキュリティパッチなど、脆弱性を修正する方法は提供されていない。攻撃の回避策として、アクセスを制限するを案内している。

(Security NEXT - 2013/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合