Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ送信時に誤ってCC利用、メルアド流出 - 大阪市委託先

大阪市の女性向け就業支援事業である「大阪市しごと情報ひろばマザーズ」において、利用者80人分のメールアドレスが流出した。

同事業の委託先において、5月23日にメールマガジンの誤送信があり、メールアドレスが漏洩したもの。同事業者では、会員登録している1258件のメールアドレスに対してメールマガジンを送信する際、18回に分けて手動で「BCC」を用いて送信しており、そのうち1回を「CC」で送信。80人分、88件のメールアドレスが受信者間で確認できる状態となった。

送信当日、事業者が作業を確認したところ、問題に気が付いたという。事故を受けて、関係者に対し翌24日にメールで事情を説明。誤送信したメールの削除を依頼した。

同市では、委託事業者に再発防止策として、メールマガジンの配信時に入力内容を複数人数でチェックすることの徹底や、チェックリストにより管理者が確認するよう指示したという。

(Security NEXT - 2013/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

傍聴登録者へのメールで誤送信 - 総務省
キャンペーンの案内メールで誤送信 - 人材派遣会社
オンライン会議の招待メール作成機能でメールアドレスが流出 - 東京都
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
情報学の教科書入荷メールで誤送信 - 北大生協
入園者宛の案内メールで送信ミス - 保育所運営会社
不動産投資クラウドファンディングの事前登録者メアドが流出
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀