Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スーパー店舗で盗難、顧客情報34件が奪われる - いなげや

関東南部を中心に店舗を展開するスーパーマーケットチェーンのいなげやは、埼玉県の所沢狭山ヶ丘店で盗難が発生し、顧客情報34件含むメールバッグが被害に遭ったと発表した。

5月27日未明に店舗へ何者かが侵入し、書類など入った社内専用のメールバッグが盗難被害に遭ったもの。ポイントカードの新規申込書31件やサマーギフト承り表2件、ポイントカードの登録内容変更申込書1件など、5月26日に同店舗で受け付けた書類が入っていた。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別などが含まれる。

同社では関係者に対する事情の説明や謝罪を進めているが、ポイントカードの新規申込書に関しては控えがなく個人の特定ができないため、同社では心当たりのある顧客に申し出るようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2013/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査