Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、「Windows XP向け製品」を2014年4月以降もサポート - 法人製品は2017年1月末まで

トレンドマイクロは、「Windows XP」に対応している同社エンドポイントセキュリティ製品のサポート期間を発表した。同OSのサポート終了後も、1年から2年間以上にわたりサポートを継続する方針だという。

2014年4月9日に「Windows XP」のサポートが終了し、セキュリティ更新プログラムなどの提供など行われなくなるが、同社では、「ウイルスバスター コーポレートエディション」をはじめとする法人向け製品については2017年1月30日まで、コンシューマー向け製品「ウイルスバスター クラウド」は、2015年12月31日まで対応する。

同社では、サポート期間中のOSへ移行することを推奨しているが、特に企業ユーザーの場合、あたらしいOSへの移行完了には時間を要するとし、2014年4月以降も約2年9カ月にわたりサポートを引き続き行う方針。

期間内は検索エンジンやパターンファイルを提供するとともに、製品や不正プログラムに関する問い合わせについてサポートセンターで対応していく。

(Security NEXT - 2013/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
「Firefox 107」がリリースに - 脆弱性19件を解消
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
メール転送エージェント「Exim」のDMARC関連処理に脆弱性
ウェブの利便性高めるSaaSが改ざん被害 - 導入サイトで情報窃取のおそれ
メール誤送信で婚活イベント当選者のメアド流出 - 鹿児島市
「VMware Cloud Foundation」に深刻な脆弱性 - OSSの既知脆弱性に起因
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増