Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PacketBlackHole 」の新版、攻撃の予兆検知に対応

ネットエージェントは、リスクの高い通信を検知して管理者へ通知する機能をあらたに備えたパケットキャプチャ製品「PacketBlackHole 5.0」を6月より提供開始する。

同製品は、すべての通信内容を記録するパケットキャプチャソリューション。インシデント発生時など、記録したパケットデータにより、具体的な通信内容や、発信元の特定など原因究明を行うことができる。

最新版では、パケットからリスクが高いと見られる通信を検知して4段階で判定し、管理者へ通知することが可能。管理インターフェースから発信元と紐付けて時系列で確認したり、詳細な調査を行うことが可能となった。

(Security NEXT - 2013/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化