Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染の可能性 - 埼玉県立大学後援会

埼玉県立大学の後援会が運営するウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされ、閲覧するとウイルスに感染する可能性があったことがわかった。

同大によれば、改ざんが発生したのは4月23日3時16分ごろ。同大後援会が、同月25日9時過ぎに被害へ気がつき、同日9時半ごろにサイトの公開を停止した。改ざんされたページを閲覧すると、外部の不正サイトへ誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。

ウェブサイトの管理を受託していたKSKが、原因究明と復旧作業を進めている。同大の公式サイトは別のサーバで運営されており、今回の改ざんによる影響はないと同大は説明している。また同大後援会サイトへのリンクについては削除した。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター