Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版avast!に脆弱性 - 不正アプリにより停止するおそれ

Android向けセキュリティアプリ「avast! Mobile Security」にサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報を提供しているJVNによれば、脆弱性「CVE-2013-0122」が存在し、端末内で不正なAndroidアプリケーションによって、同アプリが停止させられるおそれがあるという。

脆弱性は、最新版となる「avast! Mobile Security 2.0.4400」で修正されており、アップデートすることにより修正できる。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ