Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版avast!に脆弱性 - 不正アプリにより停止するおそれ

Android向けセキュリティアプリ「avast! Mobile Security」にサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報を提供しているJVNによれば、脆弱性「CVE-2013-0122」が存在し、端末内で不正なAndroidアプリケーションによって、同アプリが停止させられるおそれがあるという。

脆弱性は、最新版となる「avast! Mobile Security 2.0.4400」で修正されており、アップデートすることにより修正できる。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Yappli」で作成されたAndroidアプリに脆弱性 - 最新環境で再作成を
Google、一部クラウドサービスで「Log4Shell」の対応必要
Zoom、ミーティングクライアントなどの脆弱性を修正
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
メルカリのAndroidアプリに脆弱性 - 3月に修正済み、悪用報告なし
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
MS、ブラウザ「Edge」最新版を公開 - 独自5件含む24件の脆弱性を解消
トレンドマイクロの「パスワードマネージャー」権限昇格の脆弱性