Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、42件の脆弱性を修正したJavaのアップデートを公開 - 深刻な脆弱性多数含む

Oracleは、脆弱性を修正する「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。当初定例アップデートを6月18日に予定していたが、2月に4月へ前倒しすることを予告していた。

今回のCPUでは、「JRE」や「JDK」において、あわせて42件の脆弱性へ対応。セキュリティ以外の修正も2件含まれる。「同7 Update 17」「同6 Update 43」「同5 Update 41」「同1.4.2_41」「JavaFX 2.2.7」および以前のバージョンが影響を受ける。

共通脆弱性評価システムである「CVSS v2」において、3段階中もっとも深刻な「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は、今回修正された脆弱性のうち28件に及び、そのうち19件はもっともスコアが高い「10.0」だった。悪用されると、リモートでコードが実行されるなど、深刻な被害をもたらす可能性がある。

同社やセキュリティ機関では、インストールされているJavaのバージョンを確認し、最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性