Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図しないクリック操作を許す「クリックジャッキング」 - 対策済サイトは5.3%

00000000_im_001.jpg

情報処理推進機構(IPA)は、ユーザーに本来意図しないクリック操作を行わせる攻撃「クリックジャッキング」の対策が進んでいないとして、ウェブ運営者を対象とした技術レポートを公開した。

同攻撃は、悪意あるページで閲覧したユーザーに画面上をクリックさせることにより、その背後でまったく関係ない別のページをクリックさせる攻撃。

SNSサイトを例にすると、同攻撃により、画面表示ではSNSサイトとはまったく関係ないページを表示しつつ、その画面上のクリック操作をSNSサイトへのクリック操作にすり替えることが可能となる。

そのため、ユーザーに気が付かれないようSNSサイトのプライバシー設定を「非公開」から「公開」に変更したり、「投稿」「退会」ボタンをクリックさせるなど、意図しない操作が行われるおそれがある。

こうした攻撃は、ブラウザ側と不正操作の対象となるウェブサイト側の双方で対策を講じることにより防止することが可能。しかしながら、主要ブラウザにおいて対策が進む一方で、ウェブサイト側では対策が進んでいないという。

同攻撃には、ウェブページにおいて「X-FRAME-OPTIONSヘッダ」を利用することが有効な対策のひとつとされているが、同機構が狙われやすい会員制のウェブサイト56件を対象に調査を行ったところ、対策を実施していたサイトは3サイトのみにとどまった。

同機構ではこうした問題へ対応するため、攻撃のしくみや対策について取りまとめた技術レポートを用意。ウェブサイトの構築や運営に関わる技術者向けに提供している。

(Security NEXT - 2013/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
米FTC、「Log4j」問題で企業に警告 - 放置による事故は責任を追求
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
「VMware ESXi」などのCD-ROMエミュレーション機能に脆弱性
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査