Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング、報告件数やURL件数が大幅増 - ポータルやゲーム装うケースも

フィッシング対策協議会は、2月に寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。報告数やURL数は、2012年末より高い水準で推移しており、2月はさらに増加した。

同レポートによれば、2月のフィッシング報告件数は144件。前月を52件上回り、大幅な増加となった。ユニークURL件数も64件増となる238件だった。

悪用されたブランド件数は15件で前月より8件増加。従来より狙われている金融機関やクレジットカード会社、ウェブメールサービスにくわえ、ポータルサイトやオンラインゲームを装った攻撃が発生した。また海外の正規サイトが改ざんされ、複数のフィッシングサイトが設置されたケースも確認されている。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加